2014年04月10日

水素水の効能

水素水は、まだ研究段階ではありますが徐々に効能が証明されてきています。
この水素水を摂取することで身体における様々な効能がきたいされることが分かって来ました。

なぜ、水素水が体に良いのでしょうか?

それは、体を酸化させる原因となる活性酸素に対して水素が有効だからです。
水素は万病の元である悪玉活性酸素を選択除去します。

抗酸化力を持つものは他にも存在します。
例えばビタミンCやビタミンEです。
しかし体内の細部までは行き届かず、活性酸素を除去すると自らが酸化物へと変化していきます。

水素は体内の細部まで行き届き、かつ無害で強い抗酸化力を持っています。なぜ体の細部まで行き届くのかというと水素が宇宙で一番小さな物質だからです。

水素自体はもともと気体なので水素を効率よく摂取するには水素の溶けこんだ水素水を飲む必要があります。
私達の身体は70%以上が水です。身体を構成する組織を別々に見て いくと血液は80%以上が内蔵や筋肉、脳は75%前後が水です。
この豊富な水分は組織の成分そのものであり、同時に血液などの体液となって、栄養分や分泌物、廃棄物の運搬を行います。
私たちは毎日、2リットル程の水分を摂取し、ほぼ同量の水分を排泄しています。
こうして体内に取り入れられた水が全身にくまなく運ばれ、生命活動を執り行って います。

水は体内に取り込まれると非常に早く全身に行き渡ります。
その水が全身を巡るのに数分しかかかりません。水はほとんど血液として運ばれます。
その間、血液に乗って全身の 細胞に必要な物質が届けられ、逆に不要になった物質が回収されます。

この大切な水に水素が溶けていたら全身の細胞に水素が入り込みます。
水素は血液脳関門をも通過し、脳細胞に水素が届けられます。
万病の元であり老化を進める活性酸素に 水素が接触し水になり消去することができます。最終的には 全く無害な状態で排泄されます。

水素水を取り入れることで期待される効能は、抗酸化作用です。
抗酸化作用により老化防止・動脈硬化・糖尿病・シミ・シワ・白内障等に効能があるといわれています。

<引用元:水素水ナビ>

ハイブリット水素水のウォーターサーバ
posted by bfk6zft6j at 17:22| Comment(0) | 水素水の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。