2014年05月13日

水素水口コミ

年を取って疲れが溜まり易くなって、休日も寝て過ごす事が多くなりました。

しかし、水素水を飲むようになって2〜3日で身体が楽になったように感じ、これは良い物だと思って毎日飲んでいます。

習慣化したおかげで、朝の目覚めも良くなってもう水素水が手放せません
(40代男性)

毎日続けて健康水素水
ハイブリット水素水のウォーターサーバ
posted by bfk6zft6j at 16:59| Comment(0) | 水素水の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

水素水の美容効果

水素水は紫外線から皮膚細胞を保護し、シワの形成を抑制する

<臨床試験の概要>
水素水(水素濃度1.13ppm)を用いてヒトの皮膚繊維芽細胞及びケラチン生成細胞のUV照射による傷害に対する予防効果を水素を含まない通常水と比較検討した。
その結果、水素水は繊維芽細胞の3〜5日培養において1型コラーゲンの産生を1.85〜2.03倍増加し、生成したコラーゲンは核の周りに優先的に分布した。さらに、水素水処理によりケラチン生成細胞の細胞死や核の収縮や断裂によって生じるDNA傷害が有意に抑制された。また、両細胞培養系において水素水は細胞内で活性酸素のスーパーオキシドアニオンの産生を有意に抑制した。
これらの結果から水素水が紫外線照射による皮膚傷害を活性酸素種の消去作用並びに1型コラーゲン産生促進作用によって抑制する事が明らかになり、水素水が日常のスキンケアとしても利用しうる可能性が示唆された。
水素水は紫外線から皮膚細胞を保護し、シワの形成を抑制する

水素水による保湿効果(しっとり感・弾力感・毛穴・シワ・キメの改善)
皮膚は表皮・真皮・皮下組織の三層からなり、真皮が皮膚の本体といえます。真皮は繊維上のタンパク質(コラーゲン)が網の目のように張り巡らされた構造になっており、この繊維(コラーゲン)のすき間に水分を保持して、肌のハリやみずみずしさを保っています。
真皮で活性酸素が増えると、コラーゲンの産生が抑制されたり、ターン・オーバーの乱れを招き、古いコラーゲンは網の目状の繊維が硬く縮み、水分の保持ができなくなってしまいます。そのため、肌に潤いがなくなり、弾力も失せ、シワも増えていきます。
そこで、水素水パックにより、真皮まで浸透した水素分子が活性酸素を除去することで、コラーゲンの産生が適正に行われるようになるため、水分の保持力が増します。
その結果、肌に潤いや弾力が増し、しっとりした美肌が蘇ります。

美白効果(シミ・そばかす・くすみ・くまの改善)
皮膚のシミやくすみは、活性酸素と脂質の結合による過酸化脂質と活性酸素によるメラニン色素の増加が原因となります。
活性酸素による過酸化脂質の生成は、連鎖的に行われるため、どこかでその連鎖を停止しなければ、断続的に過酸化脂質の生成が行われ、シミやくすみを招きます。
そこで、水素パックにより、水素分子のもつ強力な抗酸化力によって、その連鎖を停止させることができ、皮膚のシミやくすみを沈静化させます。
一方、メラニン色素の増加は、活性酸素がメラニン色素を生成するために必要となるチロシナーゼという酵素を活性化させてしまうことで起きる現象であるため、その根源である活性酸素を水素分子で除去することで、メラニン色素の生成を抑制することができます。

<引用元:水素水情報館>

毎日続けて健康水素水

ハイブリット水素水のウォーターサーバ
posted by bfk6zft6j at 18:11| Comment(0) | 水素水の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

水素が抜ける時間

水素水の中にある水素は空気より軽く、コップなどについて放置しておくと水素は少しづつ抜けていくようです。

抜けるまでの時間は12時間かかっても抜けないと言う説や3時間で抜けてしまうと言う説があるので、いまいちわかりませんが、
水素が抜けてしまうという認識は同じようです。

やはりアルミパウチなどの水素水は開けたらすぐ飲むのが一番でしょう

毎日続けて健康水素水
ハイブリット水素水のウォーターサーバ
posted by bfk6zft6j at 17:08| Comment(0) | 水素水の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。